FC2ブログ

ここのところ・・・

2018/11/09

うれしかったこと。

木のリボン

ずっと制作活動を応援してくださる方からお手紙と贈り物が届く。
鉋屑(かんなくず)のような木のリボンで結ばれたハーブティー。
ほどくとき 微かに木の香。
( 大工の祖父の工場にあった鉋屑ホウフツ
 一瞬にして幼いころの記憶 引き出される。)

LA RICHESSE BOTANIQUE というお店のハーブティーは、
ひとつひとつのブレンドごとに物語。素敵。
「 柔らかな月 」「 夜想曲 」「 コキーユの追憶 」
いただいたお便りを何度も読み返し、
心ポカポカ。
これからも のんびりと つづけてまいります。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コルク栓

お料理上手なM氏のお家で夜会。
大好きな人たちとM氏のおもてなしに舌鼓。
一瞬一瞬が宝物。
ワインのコルク栓に刻印された「 L 」の文字が美しくて
記念にいただく。


comment (-) @ 日記

植物のこと

2018/11/02

敬愛する造形作家・井越有紀さんからユーカリをいただいた。
植物のこと

札幌ヒンヤリ冬の気配
ストーブのやわらかな暖かさと絶品タルトタタンな昼下がり。
井越さんと染色のお話し。
植物の色、素材のことなど。深し。

井越さんの美しい作品たち→ 
                  
comment (-) @ 植物

毛糸の靴下

2018/10/31
めずらしく風邪をひきました。
そんなとき 心も身体もポカポカになれる毛糸の靴下。
これからハジマル北海道の長い冬の必需品。

毛糸の靴下

↑画家・濱口真央さん→ のおばあさま(84歳)が編まれた毛糸の靴下。
 84歳で細かな手仕事を続けていらっしゃって感動します。
 元気をいただける靴下です。
「Andel(アンデル)」=「編んでる」というブランド名もロゴデザインも素敵!
ウール100%でとっても細かな目でしっかり編まれています。
私が選んだのは少々渋めの色味ですが いろんな色の組み合わせがあり
どれも魅力的で選ぶのに迷います。


毛糸の靴下2

↑↓ この2足は東京の友人・葉っぱ子の手編み靴下。
    まるで雪ウサギさんのようで愛でています。
   
毛糸の靴下3

ひと編みひと編み、心を込めて編み上げた毛糸の靴下って素敵だなぁ。
comment (-) @ 日記

ZINEをご注文いただいたお客さまへ

2018/10/27

ZINEをご注文いただいたお客さまへ・・・
【ZINE】

ご注文いただきありがとうございました。
大変お待たせしております。
今しばらくお待ちいただけましたら幸いです☆
comment (-) @ 展覧会

肖像写真

2018/10/22
外国の古い肖像写真。
写真館

フランス・パリの写真館で撮影された4人の人生に想いを馳せる。
台紙のデザインにも心惹かれる。
comment (-) @ 古いもの