FC2ブログ

いつの間にか・・・

2012/02/21

   

   古本屋で6年働いていたことがあった。

   ( 本を読むこと以上に 本というモノが好きだった。)


   
   仕事仲間・Mくんより
   数年ぶりに連絡あり。


   「 結婚します。近々 招待状を送らせていただきます。 」


   彼は清々しいほど生真面目な人間で
   なぜか、武士を想わせる。

   それは ずっと
   真っ黒い髪をひとつに束ねていたからかもしれない
   
   いや そうでなくても・・・
   映画 『 七人の侍 』 の8人目の侍として
   佇んでいても違和感がない。


   一緒になる彼女も 同じ古本屋時代の仲間で
   頭脳明晰で美しく良い女将さんになることだろう。
   

   もちろん 結婚式 参加しますとも。
   ご結婚おめでとう!


   そうそう 本日は 素敵なブログをご紹介。


   Mくんがいつの間にか撮りためていた写真。
   これまた 真っ直ぐな 良い写真で。

 
    コチラから → シャシンノイデンシ




  
   
        
      
comment (-) @ 写真

LE PETIT CHAPERON ROUGE

2012/02/07
 

 

    何年前のことだろう・・・
    もう 10年になるかしら・・・

    当時、写真美術館で臨時職員をしていた。

    その日 学芸員さんに指示され
    一人黙々と倉庫の整理。

    たくさんの写真集、書類の山、
    古い紙の匂いに囲まれて恍惚の人・・・。


    突然、学芸員さんやってきて

    「 そこの本 処分するから
      好きなの 持ってって良いよ 。」


    「 ほ、 本当ですか? 」


    私は 真っ先に迷うことなく1冊選んだ。


    『 Sarah  Moon 』

       何必館・京都現代美術館   2002年

      サラ・ムーン展の図録だった。


     ページを開いた瞬間、惹き込まれ
     魅了され、出逢いに感謝。


     いつか見た夢の儚いカケラを
     そのまま 見返しているような
     不思議な・・・

     プールの底に潜って
     耳の奥の部屋、こもった声で
     誰かに囁かれているような・・・

      
     懐かしい・・・
     美しい・・・


     
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
   
          
     サラ・ムーン お好きな方は
     たくさんいらっしゃることでしょう。
  
     今日は、まだ 知らない方へ オススメの1冊。

          
   LE PETIT CHAPERON ROUGE

   『 赤ずきん 』

     ペロー 原作  サラ・ムーン 写真  定松 正 訳

                    西村書店   1989年

 
    気がついたら 4冊持っていました。    
    ( フランス語 2冊  日本語 2冊 )

    古本屋さんで 見かけたら 買わずにはいられない本です。

    
    美しい写真絵本です。


   
comment (-) @ 写真

コトバは通じなくても

2010/11/24
 
  コトバは通じなくても
  気持ちは通じる

  こんなことがあった 

  
 
  2004年、東京都写真美術館

 セバスチャン・サルガド写真展

     『 ESSAYS 』

 

 当時、事務局でアルバイト
 机に向かって仕事をしていた

 事務所の入り口に気配を感じ
 お客様かしら・・・と視線を向けると


 サルガドさんが笑顔で佇んでいた
 まっさらな木綿のような清潔な眼差し

 展覧会のため 
 フランスから来日していたサルガドさん

 日本を離れる時が近づき 事務所にご挨拶にいらした

 
 職員は 皆 忙しそうにパソコンに向かっている
 なぜか 誰も席を立とうとしない。

 
 アルバイトの身でありながら
 
 思わず、サルガドさんのもとに駆け寄った

 サルガドさんは いきなり抱きしめてくれて

 手を握って やさしい笑顔で ありがとうと言った

 サルガドさんの手は 

 赤ちゃんのように すべらかで やわらかく

 とても大きかった

 
 
 
  セバスチャン・サルガド

  (1944年 ブラジル生まれ  パリ在住)

  ブラジルの大学で 農学、法学を学び
  米国で経済学修士号を取得。
  ブラジル大蔵省勤務。
  60年代、軍事政権の圧力を受けフランスへ
  パリ大学で農業経済学の博士課程を修了。
  その後 仕事でアフリカの調査を始めた時に
  写真に興味を持ち、撮り始める。
  キャパなど 報道写真家が集まる写真家集団マグナムの
  会員候補になり 84年正会員。96年脱退。

  
    

  
comment (-) @ 写真

佐々木知子さんの写真

2010/10/30
 


  
  数年前 佐々木さんの個展のDMを偶然手にしたとき

  その美しい写真に惹き込まれたのをハッキリと覚えています

  なんだか泣きそうになりました

 
 
  いつか この方の生の写真を拝見したり

  お会いできたら どんなに素敵なことでしょう・・・
  



  それが現実となり


  そして 来年、一緒に展示させていただけることに。

  
  出逢いに感謝

  佐々木さん ありがとうございます。

  
  

  佐々木知子さんの写真集が11月1日発売!
  
  『 lola 』  
    
   300部限定! 700円

   一足お先に拝見・・・
  
   
   薔薇の物語が そこにあります ・・・
   

   実際にお手にとって ご覧ください 
   
ミツバチになって 入り込んでください
   
   薔薇の香りと キラキラした花粉に包み込まれるようです   
   
   
 

   
comment (-) @ 写真

へムレンさん

2010/10/22


友人の展覧会 会場にて

写真家の佐々木知子さんとバッタリ遭遇。

一緒にお茶をしながら

「ヘムレンさんに似ている」と言われる。うれしい。


佐々木さんの写真は

美しい一瞬をとらえたというより
小さな窓から 果てしなく拡がる奥深い自然を覗き込んだような

薔薇が咲いて 枯れて 散って 土に返るまでの一生を写しこんだような
美しくて ちょっと切なくて 儚いようで 力強い写真。


近々 私家版で写真集を出すとのこと。

大切な宝物に また出会える。

comment (-) @ 写真