FC2ブログ

金谷裕子 『 YXICOOO 』

2014/11/09

アーティスト・金谷裕子さん→より
素敵なお知らせいただきました☆
お会いしたのは もう随分前になるけれど
その頃からまったく揺るがない世界観!
金谷さんと、治美ちゃんとreeさんと
美味しいお鍋囲みながら
好きな本、アーティストのことや、
旅した外国のことなど話した時間想い出す。
金谷さんは地球規模にとどまらず
もはや宇宙へ歩み出している気がする。
彼女の頭の中をお散歩してみたい。


新しい作品集が出版されます。
『 YXICOOO(イキシクー) 』→

そして・・・

『 YXICOOO(イキシクー) 』 出版記念作品展

[ 会期 ] 2014年11月14日 (金) 〜 30日 (日)
     12:00〜19:00 ( 最終日〜17:00 ) 会期中無休
※ 会場では、初日14日から作品集の先行販売をいたします

☆ オープニングレセプション
  11月14日 (金) 18:00〜20:00
☆ トークイベント
 金谷裕子 × 伊藤桂司 × 筒井奈々(DU BOOKS)
  11月30日 (日) 15:00〜16:30 入場料1000円 (1ドリンク付き)
☆ ワークショップ
 11月16日 (日) と 23日 (日) に開催予定。
詳細はALウェブサイトでご案内します。

[ 場所 ] AL 1F main space
    東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
    03-57220-9799
[ 協力 ] HeHe

[ 展覧会について ]
鮮やかな色彩が音楽を奏でるように、
取りまくすべてをポップに染めていくアーティスト金谷裕子。
初の集大成となる作品集『YXICOOO(イキシクー)』の発売を記念して、
同名展を開催します。
2004年からの10年間で制作してきた作品をまとめた作品集には、
ペインティングやドローイングをはじめ、刺繍やコラージュなど、
多様な手法を巧みに使いこなした金谷ワールドが、
極彩色と細密な濃度で凝縮されています。
本展は、作品集をベースに、3つのセクションで構成。
ラフなスタイルで描かれたスケッチ、作品集に収録される原画は、
ならではの濃度と筆致で魅了します。
さらに作品集から飛び出し拡張させた立体作品を設置予定、
圧倒的な迫力で未知の世界へと誘います。
教会や古城のような、神聖さと装飾美で魅了する作品世界は、
一見非日常的な浮遊感を与えるとともに、
どこか懐かしい温度と祈りにも似た体感で、私たちを包み込みます。

(テキスト:中村水絵/HeHe)

------------------------------------------------------------------------------------------------
金谷裕子作品集 『YXICOOO(イキシクー)』



編集:筒井奈々(DU BOOKS)
アート・ディレクション&エディトリアル・ディレクション:伊藤桂司
寄稿 : スーザン・チャンチオロ
価格 : 3,300円+税
発売日:11月21日(展覧会会場では14日)
A4・オールカラー112頁
発行元:DU BOOKS (DISK UNION)
------------------------------------------------------------------------------------------------


comment (-) @ アート

可愛い方

2014/11/06

ニットで作品を生み出す
mafuyuさん→の作品。
8年くらい前に我が家にやってきてくれました。
とっても長ーい可愛い方です。


      mafuyu.jpg
      お顔
      mafuyu2.jpg
      胴体↓
      mafuyu3.jpg
      胴体↓
      mafuyu4.jpg
      胴体↓
      mafuyu5.jpg
      脚?↓
      mafuyu6.jpg
      脚?
      mafuyu7.jpg
comment (-) @ アート

祈り

2014/11/03

沖 潤子さんの作品。
不思議な経緯で我が家に届けられた。
心静かに 日々に感謝。


●沖 潤子 →


            沖潤子作品
comment (-) @ アート

森ヒロコ・スタシス美術館

2014/08/28

  
  午後、
  森ヒロコ・スタシス美術館を訪れる。
    
   ●詳細はコチラ→

 事前にお電話差し上げたところ
 閉館日にもかかわらず
 快くオープンしてくださった。
  
 なんと銅版画家・森ヒロコさんご本人が
 エントランスでお出迎え。
 美術館のこと、作家ことなど
 さまざまなエピソードを楽しくお話して下さる。

 森ヒロコさん、スタシス、ブルノフスキ、
 ヴィルコンの作品が目の前に・・・!! 
 卒倒寸前濃厚で贅沢な時間。

    森ヒロコ・スタシス美術館1
    「 翼を結んだ少年 」 
        森ヒロコさんのエッチング作品

 森ヒロコ・スタシス美術館2
 
 森ヒロコ・スタシス美術館3

 「 展示作品を観終わったらアトリエにいらっしゃい 」

 ( 大コーフン抑えながら )
 大きな窓からお庭を臨む印象的なアトリエへ・・・。
 やわらかな光が空間を覆う。
 イギリスのガーデンを想わせる色とりどりの植物。
 
 テーブルの傍らには、
 植物の種子や葉、蜂の巣、鳥の翼、
 蝉の翅などカケラが・・・。
 壁面には 海外で行われた個展のポスターや
 美しい紙モノ。
 
 アーティストのアトリエは作品そのもの。
 インスピレーションの源が溢れる・・・。
 見入ってしまう。鳥肌が止まらない。

 森ヒロコさんは、とても気さくで素敵な方で
 ご自身の作品を惜しげもなく教材にして
 版画のしくみを丁寧に解説して下さった。
 膨大な時間をかけて一枚の版を生み出す
 森さんの魂と集中力と時間を想った。

 エッチング
 ソフトグランドエッチング
 アクアチント
 ドライポイント
 フォトエッチング・・・などなど 

 そして、 ご自身のエピソードをまじえながら
 たくさん励ましの言葉をくださった。

 こんな美術館は、他に知らない。
 必ず また訪れます。
 ありがとうございました!

 
comment (-) @ アート

世界一周の航海

2014/03/26
  
 
  Mくんから絵葉書が届いた。

  ドイツ・ベルリンから帰国したとのこと。
    

  一羽の鳥が横向きで静かに佇んでいる
  美しい博物画。

  絵について書かれたドイツ語のキャプションに
  丁寧に手書きの日本語訳を添えていてくれた。
  
  
  ・・・・・・・・・
  

  タヒチシギ ( 絶滅種 )


  「 世界一周の航海 」 より 
  
  ゲオルク・フォルスター 1754-1794
  
    
  羊皮紙の上に下地
  

  ゴータ研究図書館


  ・・・・・・


  

  タヒチシギは川原に静かに佇み、
  どこか遠くを見つめているようで
  自分自身の内面を見つめているようにも見える。

  ふいに羽を広げて飛立つ姿や はばたきの音
  鳴き声を想った。

  ベルリンで生活するMくんと
  タヒチシギが重なって見えた。


  


  
  
  
  
comment (-) @ アート