日曜日

 28,2014 16:38
曇天の日曜日、神社の蚤の市へ
自転車とばす。
どうか雨粒落ちてきませんように・・・。
途中 とんでもない強風吹き荒れ
逆風に立ち向かいながら
重いペダルふむ。必死の形相。
前方の自転車おじさんも風と格闘。
ライバル目前に俄然やる気出て
立ちこぎ前のめりでペダルふむ。
どこからかプラタナスの匂い。

強風にセットされた斬新ヘアスタイルで
神社に到着。

老若男女・・・。
賑わいみせる境内。

くんくんくん・・・。
境内の奥のブースに アンテナピキンと反応。
紙箱に無造作に入れられた紙のカケラたち発見。
紙モノマニアのおじさまたちに混ざり 一枚一枚手にとる。
札幌のおじさま方は、上品な紳士。
こっちもオモシロイよ・・・と箱を譲ってくださったり。
にっこり。今日も出会いをありがとう。

●古葉書( ドイツ・ベルリンから
       北大のドイツ人教授宛に送られた葉書。
       書き込み過多が素敵 )
●ロシア語の古い手紙(インク文字素敵)
●外国の古いチケット(日焼けした薄荷色&フォント) 
●異国の子どもがノートの切れ端に描いた絵

蚤の市
物語が染みこんだ紙のカケラ&犬養のマイスターからいただいた栗

プラタナス
帰り道 公園で見つけた プラタナスの樹皮と種子。
あちこちにアートが転がっている。
スポンサーサイト

Latest Posts