日曜日

 26,2014 00:27


  午後、厚い雲の切れ目から薄日差しはじめ
  次第に窓の外がキラキラ輝きだし
  いてもたってもいられなくなり
  何もかも後回し
  自転車でびゅーと風切る。

  月に一度の神社の骨董市と
  植物園。
    
  ・・・・・・。
  方向音痴のうえ 地図、忘れた・・・。

  野生の勘も働かず
  途中、道順3回ほど尋ねたものの
  どなたも笑顔で アチラですと指を差す。

  心軽やか
  ペダルも軽やか。

  しかし、骨董市(鼻息)への夢も儚く
  出かけた時間遅すぎた。
  すっかり客もひけて静まり返り
  近々店じまいの様子。
  
  それではと・・・
  神社でお賽銭コロンと投げ入れ
  お参り。

  気持ち切り替え
  植物園へ。

  ドイツトウヒ並木がお出迎えで
  深い森の薫りに胸高まり
  種子採集熱ヒートアップ
  念のため敷地内の緑の相談所へ・・・。
  
   私 「 敷地内に転がっている種子
       採集して良いですか? 」
   
  職員 「 それは・・・それは・・・聞かれたら
        敷地内のものは外へ持ち出せないのですよって
        言うしかないのですよ。
        聞かないで下さい(笑) 」
  
   ( 知らないふりして拾ってください )・・・を感じさせる
   その言葉に愛を感じて
   頭下げ 吸い込まれるように林へ。

  ピロロピロロロ 
  空見上げると
  大木から伸びる網目のような繊細な梢で
  小さな小さな鳥が鳴く
  あちこちから生き物の呼吸が聴こえてくる。

  大きな鳥かご抱えてベンチに腰かける小父様
  愛鳥とともにお散歩の模様。
  芝生で写生の親子、藤棚のベンチに老夫婦
  噴水の脇にカメラを抱えた2人組の大学生、
  買ったばかりの植木鉢を抱えるマダム、
  野草園を覗きこむ2人組のご老人・・・。
  植物園での日曜日。

  ギボウシの葉脈クッキリしたころ 帰る。

  
  
  

  
    
   

  
スポンサーサイト

Latest Posts