佐々木知子 写真展 「 残る日々 」

 03,2014 10:06
  
  札幌がまだ雪で覆われていた3月
  高知在住の写真家・佐々木知子さん→からメールいただく。
  
  北海道での生活をさりげなく励ましてくださり
  うれしかった。
  
  そして・・・トビキリ素敵なお知らせが!
  

  5月に
  阿佐ヶ谷の 「 ひねもすのたり 」 という器のお店で
  ずっと高知で撮影している
  ユミさん、哲平さんたち→の  写真を展示します。
  初日はユミさんも高知からお話し会をしにきてくれます。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・


  佐々木さんのあたたかなお人柄と
  写真に向かわれる真摯な姿勢は いつも
  凛としていて美しい。
  
  高知の自然あふれる野山やモノづくりの工房での
  人々の暮らし・・・そして佐々木さんの暮らし。

  佐々木さんの眼を通して残された
  ただ一度の時間を想い    
  清水がこぽこぽ湧き出るように 
  こころが清らかになっていくのを感じた。  

  
  東京・阿佐ヶ谷
  ひねもすのたり
  にて。 
  ぜひぜひ ご覧ください。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ↓ 詳細は、ひねもすのたりさんのHPより・・・。



  佐々木知子写真展「残る日々」・・・
  美しい棚田 3つの家族と日々の風景 のお知らせ

  写真家の佐々木知子さんの展示とイベントを
  下記の日程で開催いたします。ぜひご来店ください。

  東京で精力的にお仕事をしていた知子さんは、
  結婚、出産を経て高知に移住しました。そして、
  自らの子育てや家族との生活をしながら、
  そこで出会った人々を通して、
  暮らしの大切さに気づいていきます。

  今回は高知の谷相に暮らす3家族を中心の写真展です。
  今までは風景を得意としていた知子さんですが、
  今回は彼女の目を通して写しだされる人物や
  暮らしと言ったテーマでの久しぶりの展示をお楽しみください。

  今回は、早川ユミさんがいらしてくださり
  知子さんとお話してくださいます。
  既に何冊もの著書があり
  その暮らしには共感する方も多いと思いますが、
  直接お話できる機会ですのでぜひご来店ください。

  また、登場人物の方々の作る作品他
  高知にまつわる商品などの販売もございます。

  登場人物と展示品
  小野哲平(陶芸家)・早川ユミ(布作家)・・・作品
  荒井智哉(木工家)一家・・・作品
  むかごや(棚田の黒米)一家・・・無農薬黒米

  日程:2014年5/23(金)~5/31(土)
  12:00~18:30
  会期中無休
  作家在廊日 23~25日

  24日(土) スライド上映と早川ユミさんお話会      
  「家族という木」
  16:00-18:00 1500円お茶付 要予約(ひねもすのたりまで)
  24日は飲食の営業をお休みいたします
スポンサーサイト

Latest Posts