FC2ブログ

閉じ込められた記憶

2010/12/03
 


 庭の鳳仙花の果実

  恐る恐る指で触れる
  
  くるん
  
  小さな種が勢いよく弾け飛び
  
  その感触が好きで

  いくつもいくつも飽きずに弾けさせて遊んだ

 

  9歳のあの頃・・・  
  
  
    
  兄が隣町に化石を採りに行くという

  リュックを背負って
  一緒に 電車で向かった あの日・・・  

 
    
  同い年の女の子と おままごとや お人形遊びをするより
  兄と兄の友だちと「ふしぎ」を見つけ出す探検ごっこが好きだった

  杉の森
  濃い緑の匂い
  木の実を拾う

  
  遠くの険しい山
  黒い水晶を採りに行く

  
  お隣の家の庭
  焼却炉の脇を掘る
  ご先祖が埋めた 古銭を大量発掘


  川の源流を辿る旅
  山の頂上まで探検
  おにぎりと水筒持参


  タイル工場の駐車場
  土に埋まった古い綺麗な形のタイル発掘

 
  夕暮れ
  街の病院裏
  防空壕跡にある洞穴
  飛び出してくる蝙蝠を観察
  

  夏の夜
  高等学校の校舎
  クワガタ探し
  木造の体育館の脇に置かれた
  陸上部の高飛び用マットの上
  ヒンヤリ
  吸い込まれるように寝転がり
  ナイトゲームの電灯に羽ばたく
  羽虫や 大きな水色の蛾を眺めていた  

  
  
  隣町

  川沿いの崩落した小山

  足元に広がるカケラ

  粘土質の土が乾いてパリッと割れたような石
    
  手にとってみると

  石の断面

  大きい葉っぱや小さい葉っぱ模様がいくつもいくつも閉じ込められ
  
  貝殻もある

  お兄ちゃん ここは 海だったの?


  生まれて初めて見る化石に興奮

  夢中で集めた


  大切に大切に持ち帰り

  紙箱に丁寧に並べた化石は宝ものだった・・・はず

  あの時の化石

  どこへやってしまったのだろう・・・


  
  この本に出会った時 
  あの時の気持ちが蘇ったのかもしれない

  
  『 植物化石 ~5億年の記憶~ 』 INAX ブックレット 1,575円 
  

   紙箱に並べた あの時の化石を
   もう一度 見てみたい

   
スポンサーサイト



comment (-) @ 幼年時代
ガラスのシャーレー | 素敵な展覧会のご案内☆