ツナガッテイル・・・

 09,2013 13:48
 
 朝、
 雪がサラサラ舞っている。
 
 不思議なことに空は澄んだ水色
 ところどころオレンジ色の雲が棚引き
 きらめく球体のスノードームの中にでもいるようで
 傘をささずに歩く。

 生まれたての、
 まっさらな粉雪の上を
 クッキー型で抜くように一歩一歩踏みしめながら
 駅に向かう。
 今まで歩いてきた足跡型クッキー・・・焼いたら
 何枚くらいになるかしら?

 そんな妄想さておき・・・
 今日、本の城を卒業した。

 6ヶ月間の市電の旅。

 たくさんの人と知り合い
 泣いたり笑ったりした。

 図書館を去るとき
 色々な方がお手紙や贈り物をくださり、
 その中、Tさんからの一冊の本とお手紙に
 不思議なご縁を感じてドキドキしてしまった。

 東京から 札幌へ引っ越したら
 きっと訪れよう・・・とひっそり心に決めていた
 「 CONTEXT 」というお店があった。
 なかなか実現せずにいた。

 ところが
 Kさんから届けられたのは、CONTEXT で出会われたという本。
 お手紙には、「 CONTEXT へお運びください・・・。 」 
 と書かれていた。鳥肌。

 モノゴトハ、ツナガッテイル・・・。

   
 生活の中に漂っているきらめく小さな粒つぶたちは、
 金色の糸でツナガッテイル。
 
 
 すべての出逢いに感謝!
 
 
 
 
 


 

 
 
 
スポンサーサイト

Latest Posts