気が遠くなって

 29,2010 17:11


  
  病院で 血液を4本採られ

  気が遠くなった帰り道

  
  古い商店街の お米屋さんの開け放たれた引き戸の周りから

  シャララララ シャラララ シャララララー

  精米の かすかな音が心地よく鼓膜を震わせ

  いつかの さざなみを想った


  眼を閉じると いつのまにか

  ススキの原っぱ

  風を受け いっせいに 

  シャラシャラシャラーと
 
  乾いた金色のススキが蒼い空を撫でているイメージ


 
  一瞬の記憶の粒に覆いかぶさるように

  香ばしいヌカの匂いが漂い
  
  幸せな気持ちになった


    
 
スポンサーサイト

Latest Posts