暑中お見舞い申し上げます。

 26,2013 20:02
   
   暑中お見舞い申し上げます。

   すっかりご無沙汰しております。
   いかがお過ごしでしょうか?

   早いもので
   東京を離れ、5ヶ月が経とうとしています。
   


   札幌の7月、最高気温25℃ほどで
   朝夕はヒンヤリ。

 
   毎朝、市電( 路面電車 )に揺られ
   職場に向かう際、
   車窓を流れる風景と心地良い風を感じながら
   過ごしやすい北の夏の感覚をたのしんでいます。

   
   ある日、図書館を訪れたお客様から
 
   「 時実新子の本を探してください。」 と尋ねられ・・・
   
   そういえば、友人Mが好きな作家さんだわ
   Mは元気にしているかしら?
   ・・・と少し意識が飛んでしまったり。


   
   先日、古書店にてみつけた

   萩原朔太郎 『 青猫 』 『 月に吠える 』
   北原白秋 『 邪宗門 』 『 東京景物詩乃其他 』

   札幌の夏と一緒にゆっくり堪能したいと思っています。
 
   本は、
   いつも さまざまな出逢いを運んできてくれます。
      


   まだまだ暑い日が続きます
   どうぞお身体ご自愛くださいませ。

     
   追伸 暑中お見舞いを送ってくださり
      ありがとうございます。

  




   
    
   
   

    
   
スポンサーサイト

Latest Posts