英国文学十四行詩集

 18,2012 02:34
 夜の雨
 
 街灯に照らされた雨粒が銀色に輝き

 足元の水たまりに もうひとつの街がゆらめく
 
 舗道の落ち葉 色とりどり
 
 大小さまざまなカタチ 無造作に貼り付いて

 誰にも描けない一枚の絵・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こんばんは
 みなさま
 いかがお過ごしでしょうか?


 昨日は atelier Re-tourさん と共に 初台へ・・・。

 しっとり雨降りの午後
 イギリスに迷い込みました・・・というのは
 
  
   アーティスト・ミストレス・ ノール さん
       ●服飾・オブジェ作家
        プライベート・プレス《クラブ・ノール》を主宰
 
       ・・・が企画された展覧会に伺いました。


    『 英国文学十四行詩集 』 vol.1
   

  ディケンズの夢 ~ 
 
  『 大いなる遺産 』 と 『 クリスマス・キャロル 』     

  英国文学を題材に、ひとりの作家を詩の一行に見立て
  十四人で一篇の十四行詩(ソネット)を奏でる美術展の第一弾。

  今年 生誕200周年を迎えたチャールズ・ディケンズの二作品をテーマに
  絵画、オブジェ、カリグラフィ、服飾、製菓など 多彩な手法で
  ディケンズの夢の小部屋を追想します。

  
  前期展示 ● 大いなる遺産

       2012年11月16日(金) ~ 11月25日(日)
       水曜定休 12時~20時

  後期展示 ● クリスマス・キャロル

       2012年11月27日(火) ~ 12月4日(火)
       水曜定休 12時~20時


  ●会場 Zaroff 詳細はコチラ → 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    14名の作家さんたちの美しい作品だけでなく
  ミストレス・ノールさんのお話や素晴らしい蔵書の数々
  美意識の溢れる空間を堪能させていただく。
     
  一階のカフェのココアも美味!
   
  お近くにお立ち寄りの際は
  ぜひ!

  
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  



  




  
スポンサーサイト

Latest Posts