裏庭に咲いた話

 11,2012 01:50
  
  ある日
  友人の たやみよこさん ( 銅版画家・イラストレーター )
  からメールが届く。


  吉祥寺・トムズボックスにて
  
  大野八生さん( 造園家・イラストレーター )が
  個展開催中
  本日最終日 今から観にいくという。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・


  大野八生さんのお名前を知ったのは
  2007年 Ku:nel 「 庭のおくりもの。」
  
  この号は 植物とともに生きる人々の特集。
  永久保存版といえるほど
  キラキラが詰まった濃厚な内容。
  美術家の山田愛子さんや
  タミゼの吉田昌太郎さんの記事まで!
  
  あぁ こんな風に
  余計なモノを削ぎ落とした生き方
  したい・・・。  

  すみません話が それました・・・。


  以前 たやみよこさんとグループ展に参加した際
  たやさん宛てに
  とても趣きある粋な鉢植えが届けられました。
  それが・・・
  大野八生さんからの贈り物だったのです。
  

  「  お、大野さんて・・・!?  Ku:nel の? 」  


  そう・・・

  たやさんと大野さんは お友だちだったのです。   

  鳥肌 × 100 

  
  林さん きっと大野さんの作品好きだよ!
  いつか紹介するね!

  鳥肌 × 1000  
 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  その時がきました。

  鼻息荒く
  吉祥寺へ向かう。
  
  
  
  『 裏庭に咲いた話 』 トムズボックスにて

   ガーデン雑誌 『 BISES 』の連載をまとめた
  「 夏のクリスマスリローズ 」の原画展。


  壁面には温かみのある筆致と色彩の原画
  その植物にまつわるエピソードが丁寧な手書き文字で
  添えられており 大野さんのお人柄が溢れています。
  
  なんて丁寧に生きていらっしゃるのでしょう・・・。
  
  何気ない日常に佇む 特別な時間
  浮かび上がる キラキラした一瞬が 
  サラサラと描かれていました。


  
  鳥肌 × 無限大
 


  大野さん お目にかかれて嬉しかったです
  ありがとうございました!

  
    
  しっかりご自分と向き合って生きていらっしゃる
  凛とした眼差しの大野さん
  とても素敵な方でした。

  詳細はコチラ →  
 
  
  みよちゃん ありがとう!


  
   
スポンサーサイト

Latest Posts