虚空にあり

 15,2012 03:04


   やわらかすぎる5月の風

   植物の薫りの粒に満たされ

   身体が 風船のように ぷかぷか浮いてくる

   生まれ月だからなのか 

   この季節は特別しっくりくる

   溶け込みそうになる

   

   いつのことだったか・・・
   とあるギャラリーにて

   美術家の加納光於さんの個展を拝見し
   お話しをさせていただく機会を得た。
   

   加納さんの大作を前に、

   「 この線はどういう意味ですか? 」

   「 これは 画面に緊張感を持たせるためだよ。 」

   稚拙な質問にも丁寧にこたえてくださる上品な紳士。


   作品のカタログに
   にじ色の色鉛筆でコトバをくださった。

   『 魚 水にあるごとく 人 虚空にあり 』

   
   
   虚空にあり。


    
スポンサーサイト

Latest Posts