アメンボ

 03,2011 01:49
  森に囲まれた瀟洒な佇まいの洋館
  ひろがる庭園の池でアメンボに遭遇
  何年ぶりかしら・・・



  小学生の夏休み
  友だちに誘われ 学校のプールへ
  
  ガリガリに痩せていた私
  水が冷たい屋外のプールが大嫌い
  身体が冷えて すぐに唇が紫色
  
  おまけに上級生の男の子から水をかけられていじめられたり
  塩素系の白い大きなタブレット投げ込まれたプールの匂いが不自然すぎて
  気分が落ち込むばかり


  ただ いくつか 好きなこともあり
  辛い時間を忘れた
  
  身体を流すシャワーや目を洗う噴水状の蛇口のところに
  小さな虹が浮かんで見えた
  
  水浸しの冷え切った身体を拭いて 洋服に着替えると
  ジンワリしたあたたかさに包み込まれる心地良い瞬間がある
  そんな小さなことが楽しみだった

  
  あの日
  プールから早々にあがり 洋服に着替え
  ポカポカ気持ちの良い状態でプールサイドに腰掛けた
  
  足だけプールに投げ出して
  水面を歩く アメンボたち ぼんやり見つめてた

  
  何を思ったのか次の瞬間
  私は洋服のままプールに飛び込んだ

    
  スクール水着姿の友だちに驚かれたのか・・・
  監視の先生に怒られたのか・・・
  家まで水浸しで帰ったのか・・・
  まったく記憶にない

  

  アメンボみたいに 水の上は歩けなかったけれど
  気持ちがどんどん晴れやかになっていったことだけ
  ハッキリと覚えている




  
  
    
スポンサーサイト

Latest Posts