太田麻里さんのドローイング

 18,2011 02:23

   
   5年ほど前
   太田麻里さんのドローイングに出会った。

   
   ギャラリーの壁にランダムに貼り付けられた作品は
   フレーム無しの状態
   400字詰の原稿用紙に描かれていた。


   原稿用紙1枚 2枚仕様 4枚仕様 
   もっともっと大きく貼り合わされたモノもあったり。
   
   
   私が選んだ作品
   一枚の原稿用紙の中央に爆弾。
   

   漫画や何かに登場するタイプのシンプルな爆弾
   まあるい火薬に一本の導線・・・
   

   ただ・・・
   描かれている爆弾
   まあるい火薬部分が草原だった。
   夏草・・・そんな感じ。
  
  
   草の部分は若草色の色鉛筆で・・・
   導線部分は鉛筆で真っ黒に塗りつぶされている
   

   シュルシュルシュルという筆圧を感じさせる音が
   どこからともなく響いてくる

   
   導線に火をつけたら・・・
   数秒後に草原が爆発!

   すると あたり一面 夏草の匂い
  

   原稿用紙には いくつもの物語が動き始める
   そんな予感させてくれる
   一枚のドローイング。

 
   太田麻里さんのHP
   
   コチラ → 太田麻里
   
      
   

   
   


     
スポンサーサイト

Latest Posts