読めない楽譜

 16,2011 04:07
  

  変な時間に眠ったら 目が覚めてしまった・・・。
  外は春の嵐。
  


  とある古本屋
  三冊の楽譜に出逢った。


  BACH,J.S.      2冊

  VIEUXTEMPS     1冊

 


  小学生の頃 ピアノを習いに行ったものの
  先生の怒った顔しか記憶になく残念無念。

  そうなると・・・難しい楽譜はほとんど読めない。
  
  ただ 記号としての楽譜を眺めるのが好き。
  小さな数字や音符の配置や流れを・・・
  ( ついでに紙の質感や匂いも好き。 )

  1685年生まれのバッハの曲
  楽譜に記された 当時の風景、気配、匂い、光り    
  妄想しながら 眺めた。


  映画 『 アマデウス 』のワンシーンも思い出した。
  作曲家のアントニオ・サリエリが
  モーツァルトの楽譜を読んで 驚愕する。
    
 
  モーツァルトの楽譜を読んで 恍惚の人・サリエリ。
  バサバサバサッ・・・と床に零れ落ちる楽譜。
  尊敬と嫉妬の入り混じった複雑な思い。


  楽譜が読めたら・・・
  画家が死に際に描いた一枚の絵を観るような 
  一人の作曲家の人生を追体験するような感動を味わえるかもしれない。
  

  今度 曲を聴きながら
  楽譜を眺めてみよう。

  
  

  ●ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750) ドイツ人。作曲家。
 
  ●アンリ・ヴュータン (1820-1881) ベルギー人。 
                       ヴァイオリニスト・作曲家。
スポンサーサイト

Latest Posts