FC2ブログ

毛糸の靴下

2018/10/31
めずらしく風邪をひきました。
そんなとき 心も身体もポカポカになれる毛糸の靴下。
これからハジマル北海道の長い冬の必需品。

毛糸の靴下

↑画家・濱口真央さん→ のおばあさま(84歳)が編まれた毛糸の靴下。
 84歳で細かな手仕事を続けていらっしゃって感動します。
 元気をいただける靴下です。
「Andel(アンデル)」=「編んでる」というブランド名もロゴデザインも素敵!
ウール100%でとっても細かな目でしっかり編まれています。
私が選んだのは少々渋めの色味ですが いろんな色の組み合わせがあり
どれも魅力的で選ぶのに迷います。


毛糸の靴下2

↑↓ この2足は東京の友人・葉っぱ子の手編み靴下。
    まるで雪ウサギさんのようで愛でています。
   
毛糸の靴下3

ひと編みひと編み、心を込めて編み上げた毛糸の靴下って素敵だなぁ。
スポンサーサイト
comment (-) @ 日記
植物のこと | ZINEをご注文いただいたお客さまへ