FC2ブログ

ノジュールの巻

 30,2018 00:53
ある日
海辺で化石を拾った。
第三紀中新世後期(約800万年前)の地層らしい。
ノジュールと制作

ノジュールと呼ばれる球状のカタマリには
化石が含まれていることが多く 
太古の生物のカケラが存在するかもしれない塊を
夢中で割ろうとしたものの 全然割れない。

ノジュールと制作2

◆ノジュール 
→ 《小さな塊の意》堆積岩中の珪酸や炭酸塩が化石や砂粒を核として、
化学的な凝集を受けて形成された塊。まわりの母岩より固く、球状になる場合が多い。
コンクリーション。 (デジタル大辞泉より)

ハッ!
これは 作品制作と同じでは・・・
無理に割ろうとしても割れない
= 無理に生み出そうとしても生まれない

自然と生まれたものが一番美しいのかもしれない。

ノジュールと制作3
スポンサーサイト

Latest Posts