FC2ブログ

阿部寛文 個展 「 幽霊たち 」

 01,2018 00:20
桜の花びら舞う札幌
地下鉄に乗って小さな旅。
阿部寛文さん → の個展へ。
会場は、MANUFACTURE &WORKさん→  
M&W


M&W12


M&W11


M&W3


M&W2

阿部寛文さんは、ドイツ・ベルリンを拠点に活動するアーティスト。
今回は、東京、神戸、札幌の巡回展。
阿部さんの作品を初めて拝見したのは、
2017年6月 札幌のCONTEXTさんにて「 真昼の記憶 」。
古の記憶も一緒に閉じ込められたような古い紙に
鉛筆で丁寧に描かれた線の美しさにすっかり魅了され
今回もたのしみにしておりました。

M&W4


M&W5
展示空間に一枚の板ガラスがそっと配置されていました。
(↑画像中央)
お聞きするタイミングを逃してしまいましたが、
展示テーマの「 幽霊たち 」にちなんで
“ 透明(見えない)けれど そこにあるもの ”・・・の例えかしら?
と勝手に妄想。


M&W6

描かれた線 と まる。
日々の積み重ねが美しいドローイング帖の数々。
1冊ずつ手にとって1ページずつ拝見しながら
阿部さんのドイツでの日々を想い浮かべたり。

M&W7


M&W8


M&W9


M&W10
阿部さんのドイツ土産というカモミールティ―をいただきながら
作品世界に浸る至福の時間。
ありがとうございました。


星×2
< 追記 > 展示会場をあとにして歩いていたら・・・ 
道路に水色のペンキで描かれた2つの星発見!
何かしら?と激写していたら 突然 目の前に大好きなアーティストさん現る。
お話していたら 向こうから またまた大好きなアーティストさん現る。
星2つって このこと?  
お二人とも もちろん阿部さんの展示最終日にいらしたのでした(笑)

☆今日感じたこと☆
好きなこと 好きなモノ 好きな人は
ツナガッテいる。 

 
スポンサーサイト

Latest Posts