小さな粒

 23,2016 01:26

海へ・・・。
札幌から1時間ほど車を走らせ
素敵な仲間たちが連れてきてくれた。

見えてきた水平線。
かすかに潮の香り。カモメの鳴き声。

海


今、地図上、輪郭の部分にいるのだなぁ・・・
海に来るたび思う。

はるか上空から俯瞰で眺めた私は とても小さい。
むかしむかし、植物や動物が海から這い上がり進化していった過程を想う。
壮大な時間の流れに身をゆだねて浜の砂・一粒一粒と同じ気持ちになる。


海3

浜で息絶えていた紋白蝶。
会えてうれしかった・・・ ありがとう。


海4

「 ここは夕日がきれいですよ。」 
すれ違いざまに初老の男性が教えてくださった。

「 毎日眺めているけれど 毎日違う夕日なんです。」


海2

つづく・・・
スポンサーサイト

Latest Posts