人と本と写真

 07,2016 20:14
人好き、
本好き、
写真好き。


お誕生日にKさんからいただいた本。
『 THE BIRTH⁻DAY GIFT or the Joy of a New Doll  』 
誕生日の贈り物   エリザベス・アプトン作

復刻 世界の絵本館 - オズボーン・コレクション - ほるぷ出版
オズボーン・コレクション所蔵の内最古の絵本。


本2

繊細なカリグラフィーにうっとり。


マーブリング

表紙は美しいマーブリング。


本3

ジョージ三世の末娘・エミーリア女王に献じられたという、
お人形にまつわる絵が7点。 原書の刊行は1796年ロンドン。
時折 手にとって プレゼントしてくれたKさんのこと、
絵本を生み出した作家さんの人生やイギリス王室に思いを馳せる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある日
アーティスト・山本 彌さん→ が
素敵な本を送ってくださった。(ご自身が参加されている展覧会の図録)


『自然と美術の標本展
 「 モノ 」 を 「 みる 」からはじまる冒険 』

江本創 / 鉱物アソビ・フジイ キョウコ / 橋本典久 /
原田要 / 画材ラボ PIGMENT / plaplax / 山本彌

 2016年7月2日㈯~8月21日㈰   横須賀美術館 

本4

彌さんとはじめてお会いしたのは、今から5年ほど前のこと。
私と森野美紗子さん→が東京のギャラリーにて
2人展を開催したとき遊びに来てくださったのがキッカケ。
モノづくりのことと、イギリスのKEWガーデンの話で盛り上がったことを覚えている。
それ以来、たびたび彌さんの展示にお邪魔した。

フェルト、糸、布、ビーズなどを用い丁寧な手仕事で生み出された植物の作品は、
単なる標本ではなく、細かなところまで彌さんのセンスが織り交ぜられた美しい作品だった。
植物の種子やキノコの繊細な表情を拝見しては感動に震えた。

東京を離れ、札幌に移住してもなお 気にかけてくださるやさしさに
感謝の気持ちでいっぱい。
展覧会をして一番うれしいことは、
作品が売れることよりも、素敵な人との出会い。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本 彌さんの個展、開催されます。
ぜひぜひ生でご覧ください☆

熟零の時 – jyukurei no toki – →

形成する細胞は変化し移りゆく。
成熟し新たな命が零れ落ちる時。
個からまた新たな個への流れる命は、
過去と現在と未来へと繋がる。

2016年9月20日(火)〜25日(日)
12:00-19:00(最終日は16:00まで)
GALLERY Mall
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
Tel&fax 03-5475-5054

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2008年
友人の個展会場で声をかけてくださった
画家のAさんからの一言。

Aさん  「 クエイ兄弟の 『 ストリート オブ クロコダイル 』 知っていますか? 」

私    「 ずっと気になっていて 観たいと思っていました。 」

Aさん  「 今度 DVD送ってあげますね☆ 」

数日後、約束通りAさんから届けられたブラザーズクエイの世界。

世の中には まだまだ知らなくて素敵なことがたくさんあるのだった。
この世界を知ることが出来て 本当に良かった。
またもや 人と人との出会いに感謝!

ただいま 神奈川県立近代美術館 葉山にて
「クエイ兄弟 - ファントム ミュージアム -」 開催中 →

図録を取り寄せてみた・・・。
やっぱり生で観たいなり。


本5



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



東京の友人・Kが再び古写真と大量の紙を送ってくれた。

「 もらってくれてありがとう 作品に活用してもらえたらうれしい。 」

一筆箋に書かれたお茶目で躍動感あるメッセージに涙。
いつもありがとう!

本6
スポンサーサイト

Latest Posts