猫とアートの関係を学ぶ  講師 伴田良輔

 26,2016 19:07
たった今、東京の伴田良輔さんから ご連絡アリ。

『 猫とアートの関係を学ぶ 』 という講座をご担当されるとのこと。
とっても面白そう!!
猫好き、アート好きのみなさま おススメの講座ハジマリますよ☆
展示風景2


『 猫とアートの関係を学ぶ 』

講師:伴田良輔(版画家、写真家、美術家)

2016/7/1(金) 19:00~2016/9/2(金) 20:30

イベント受付開始時間 2016/7/1(金) 18:30~

新潮講座神楽坂教室(新宿区矢来町109)

【講座内容】
ルノワール、ゴヤ、バルテュス、藤田嗣治、アンディ・ウォーホル、
レオノール・フィニ、ウィル・バーネット、ソウル・スタインバーグ……。
美術家は昔から猫が大好き。猫は最高のモデルです。
猫が描かれた絵画や写真をみんなで楽しみながら、
猫とアートの関係を学びませんか!
大の猫好きで20 年近く雑誌『猫びより』などで猫の写真を撮り続け、
独特な世界観とユーモアに溢れた猫の版画や絵本を制作してきた
作家/写真家の伴田良輔氏がナビゲートします。

ご希望の方は、「猫を描いた作品」「猫を撮った写真」をお持ち下さい。
伴田講師がおひとりごとに作品レビューをして、
受講者みんなで作品を見る時間を設ける予定です。

氏の撮影した日本各地の猫たちの写真も大公開。
猫の写真撮影の秘訣も伝授します。
講義資料として、氏のユニークな観察眼で撮影した
「私家版ミニ猫写真集」を、キュートなお土産として配布する予定です。
愛猫家のみなさま、猫つながりのお友達もお誘い合わせの上
ぜひご参加を。お申込みはお早めに。


【日時】
2016 年 7/1(金)、7/29(金)、9/2(金)
19:00 ~ 20:30 全3 回
(教室開場は30 分前です)

【受講料】
8,100 円(税込2,700 円×3 回)※全3回分の料金です

【講師紹介】
京都府生まれ。20代より写真評論、美術評論などを行なう。
1986年より版画家、写真家として活動する。
猫関連の著書に「猫語練習帳」、「方舟に乗った猫」、
“宿猫”という呼び名のはしりになった
写真旅行記「猫のいる宿」シリーズなどがある。
段ボールで作ったキャットハウスの写真絵本『The kitten of boxville』が
2009年に米国で出版。近著に『にゃんハウス。』がある。
スポンサーサイト

Latest Posts