たまご

 18,2016 12:40

ある日、想った。

毎日、美味しいスイーツを生み出すおっちゃん
お菓子を作るときに使われた卵の殻たちのゆくえを・・・。

「 1週間ぶんの卵の殻をいただけませんか? 」
おっちゃんは卵の殻を丁寧に水洗いして渡してくれた。

卵の殻の何とも言えない軽さは、
大好きなダンボールの軽やかさと似ている。
軽さの中に上品な存在感。

たまご
まずは、ベージュで彩色。

たまご2
そしてこんな色に塗ってみたり・・・。
遊んでいる。

小学生のころ
卵の殻で貼り絵したことを想い出した。
あの絵はまだ押入れで眠っているのだろうか・・・。

スポンサーサイト

Latest Posts