郵便部屋のある風景

 05,2011 13:45
   
   コトン・・・
   ポストに郵便物の音が響く

         
       ・・・・・・・・・・・・・
   

   山の中、
   郵便部屋がある 木造平屋一軒家に引っ越したばかり


   見渡す限り さまざまな木々と植物に囲まれ
   近くに 透明な湖

   湖と林道は一般にも開放され
   釣り人、数人の声が遠くから聴こえる


   鳥のさえずりと あたたかく柔らかい太陽の光
   生き生きと育つ植物

   草の道の脇の水路には ゆったりと鯉が泳ぐ

   
   なんて気持ちの良いところだろう・・・


   郵便部屋
   敷地の入り口、門の脇にあり
   4畳半ほどの板の間
   ドアもついた物置か守衛室のようなつくり

   乾いた少しホコリっぽい懐かしい床
   いくつかの郵便物が床に佇んでいた

   部屋の右手には大きな窓
   さまざまな植物が見える
   窓に沿って 作り付けの木製の低い棚

   ああ・・・こんな所に棚があったんだ
   母屋にある作品の詰まったダンボール箱を
   運ぼう
   
   そうすれば もっと母屋の部屋がスッキリするだろう

   郵便部屋は 引越しをした時のまま
   お掃除をしていない
   周りの木々の枯れ葉がいくつも見られる
   後で お掃除しながらダンボールを運ぼう・・・

   郵便物を手にとり
   母屋まで 植物に囲まれた道を歩く
   
   左手には 林と透明な湖 右手の小高い位置に
   木造平屋の母屋

   あぁ 本当に 何もかもキラキラしていて
   心地良い・・・

   ふっと 風に誘われ郵便物の一枚が飛んでいく
   慌てて追いかける
   あぁ 誰のお手紙だろう
   
   また風が吹き ふわりと戻ってきたものは
   たわいもない自分のメモ書き   
   

   家に戻ると
   広い広い縁側に明るい陽射しが笑っている
  
   あぁ 本当に引越ししてきて
   良かった
     

     ・・・・・・・・・・・・



   
              ・・・という夢



    ドアポストに響いた郵便物の音と共に
    いつの間にか まどろみ



        
   
スポンサーサイト

Latest Posts