「オイリュトミー」KINGYO NO KOROMO 

 30,2015 12:36
札幌市資料館にて開催中の
展示に伺う。

「 オイリュトミー 」 と題された
お洋服や布小物の展示。
KINGYO NO KOROMO
↑とあるショップでこの展覧会のフライヤーを発見。
 惹きこまれる。


作家さんは、
KINGYO NO KOROMO  小山裕子さん。
古いフランスのリネンなど
長い間大切に使われてきた古布などから
お洋服を作っていらっしゃいます。

オイリュトミー ( Eurythmy ) とは、
オーストリアの神秘思想家、
教育家であるルドルフ・シュタイナーによって
新しく創造された運動を主体とする芸術。

展示タイトルからも
作家さんの制作に対する哲学を感じます。

  
KINGYO NO KOROMO2
洗練された美しい空間。
ユーカリの葉が・・・。

KINGYO NO KOROMO3
長い長いリブや、洗いざらしのウールの質感など
素材とデザインの組み合わせが絶妙。
ボタンづかいにも繊細なコダワリが。

KINGYO NO KOROMO4

KINGYO NO KOROMO5

KINGYO NO KOROMO6

KINGYO NO KOROMO7

KINGYO NO KOROMO8
生み出された年月日が印字されている。
ひとつひとつのお洋服が
生み出されてきた時間や息吹を感じる。

KINGYO NO KOROMO9
ディスプレイもすばらしくって・・・

KINGYO NO KOROMO10

小山さんご自身のお洋服の着こなし
本当に素敵でした。
洋服が身体に馴染み
溶け込んでいらっしゃいました。
長い間、使い続けているという白い布の斜めかけカバン
穴があいたら布をあて糸で縫い
愛情をもって補修され続けてきたという。美しかった。
研ぎ澄まされた美意識、
凛とした生き方をされている作家さんに
お会いすることが出来 幸せな時間。
刺激をたくさんいただきました。
ありがとうございました。







スポンサーサイト

Latest Posts