篠田桃紅

 15,2015 17:56

雪の白
光と陰翳を目にすると
墨で描く美術家・篠田桃紅の世界を想う。→
とあるギャラリーの個展会場で
一度だけお目にかかったことがある。
作品のみならず 
上品な佇まいで凛としたお姿が印象的だった。
篠田さんの随筆も好きで 時折、手に取る。
モノを観る眼の細やかさ、言葉づかいの美しさに浸る。

『 その日の墨 』 篠田桃紅 新潮文庫 
          昭和62年3月25日発行 


一歩一歩

ころりん
スポンサーサイト

Latest Posts