FC2ブログ

夢のこと

2018/02/28

夢見がちな・・・
ひびのつぶ
押入れの奥にしまい込み すっかり忘れていたブリキ缶
そっと開けると薔薇の香り
押し花 収めたグラシン封筒の束
時間を纏った淡い色彩のマボロシ
しばらく手にとって 白昼夢さまよう。

相変わらず夢見がち
地に足がついていない私です。
3㎝ほど浮いておりますが
なぜか雪道 転んでばかりスノースパイク愛用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢ツナガリでひとつ・・・

先日 画家のKさんから夢日記のお話
興味津々で伺った。

その翌日、
何年もの間 書きためてきたメモが収まった箱を整理し始めると
2000年頃の夢日記が出てきた!(書いたこと すっかり忘れていた)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビショ濡れの私。
シスターになるために修道院へ向かう。
( 生きていくには仕方ない。)
そこで私のことを以前から知っているという少女に会う。
お金を貸していたらしく少し返してくれる。
紺色の服に着替えて隣の部屋へ行くと
一人の偉いシスターがいて
ひざまづこうとしたら
「 あなたは、そんなことしなくて良い。 」

・・・と言われる・・・という「?」な夢。

そのころから夢見がちのまま現在に至る。











スポンサーサイト
comment (-) @ 日記