welcome-image-photo
     ヒーョ  ヒーョ (鳥の鳴声)    煙ったような灰色の空   パラパラと弾ける音   いつの間にか外は霰(あられ)。   玄関先に走り   小さな霰の粒々    手のひらに受けようとするも      夢か幻のように 消えてなくなってしまう   気がつくと   粒々は雨に。   幼いころ   古いレコードを引っ張り出して   ひとりショパンの 『 雨だれ 』 聴いた      やわらかい...