FC2ブログ

 02,2018 ここのところ・・・ READ MORE

 24,2014 鬼才・・・ READ MORE

welcome-image-photo
ここのところ・・・フリマで見つけた古い色鉛筆(VERMILION&BLUE)3本100円。1本の鉛筆なのに2色!子どものころからこの仕掛けに夢中。この書体がたまらなく好き。例え苦手なモノでもこの書体で記されたなら好きになれそう。新鮮な「 人拓 」 発見!選択の瞬間。菩提樹の葉ペロリ。海辺で拾った石の穴 → 8個クラッカーの上のケッパー → 8粒「 ちょうど収まる! 」 ・・・とMちゃん。上がったり下がったり・・・。ここ...
ドキュメンタリー映画『 セバスチャン・サルガド  地球へのラブレター 』 が上映されることを知った。※詳細はコチラ→☆観に行きたい。10年ほど前、東京のアルバイト先でサルガドさんにお会いした忘れられない一瞬のことを思いだした。当時の日記→☆生きているとさまざまな出会いがある。その一瞬一瞬は、奇跡のような貴重な出会い。今日も素敵な人とたくさん会ってたくさんお話し聞かせていただいた。知らないことを知ること...
  札幌・ギャラリー犬養→☆は、  アーティストのサロン的スポット。  さまざまな表現者が日夜、集います。  音楽家、ダンサー、俳優、画家、版画家、デザイナー  陶芸家、彫刻家、モノづくり作家・・・etc・・・。  今回、ご紹介するのは、  ギャラリーのオーナーでアーティスト・犬養康太さん。  いつも穏やかな佇まいから、禅僧ホウフツ。  飄々とした仙人的存在と思いきや内に秘めたものは・・・  犬養康太...
  もし君が  魂にそって  行なえば  腐敗はありえない     映画 『 ざくろの色 』 より     監督 セルゲイ・パラジャーノフ...
  植物だけの色。  途絶えかけた日本の心。  『 紫 』 ( むらさき )          日本古来の植物染料にこだわり、          育て、染める吉岡幸雄。          この映画は          美にとりつかれた男の記録である。  出演 染織史家  吉岡幸雄  かつて日本の色には 独特なニュアンスがあった。  風土が育んだ植物染料だけが表現できた色。  化学染料に頼り、失われ...